超音波洗浄機メーカー

日本語English中文

サワーコーポレーション(SAWA CORPORATION)

製品に関するお電話でのお問合せはこちら 072-859-7286

クリーニングペーパ洗浄機 SC-ER360W

ホーム > 製品案内 > クリーニングペーパ洗浄機 SC-ER360W

環境削減、コスト削減に

クリーニングペーパ洗浄機 SC-ER360W

メタルマスクの洗浄機の技術を応用
今まで捨てていた印刷機のクリーニングペーパーを洗浄してリユースする

PDFファイル PDFファイル

特徴

廃棄物削減 洗浄して繰り返し使用するので廃棄物が大幅に削減できます。
CO2削減 焼却処理による、CO2排出量を削減できます。
コスト削減 コスト削減に効果あり!

CO2排出量約84%削減※

焼却処理によるCO2排出量が、年間換算 で約514kg削減できます。

ゴミもCO2も削減可能!

CO2排出量約84%削減

ランニングコスト約73%削減※

例えば、5回洗浄した場合、1年間のランニング コスメリットは、約319万円

御社の条件に合わせて
コストメリット試算いたします!

※条件
ペーパーロール単価:6000円(18m)、1日3本使用
1ヶ月20日稼動
産業廃棄物費用単価:20円(1本換算)
使用洗浄液:グリコール系の場合

5回再使用した場合の
ペーパー使用コスト比較(年間)

洗浄効果

洗浄効果

仕様

製品品番 SC-ER360W
装置外形 W:851×D:827×H:1,100mm
重量 100kg(乾燥重量)
被洗浄物対応サイズ クリーニングペーパー(不織布)
幅:410mm~250mm
芯内径:φ38mm
電源 AC 100V 50/60Hz 250VA
超音波出力 40kHz 300W(交互発振)
エアー 0.4MPa 500NL/min
排気ダクト 必要排気風速5m/sec
ダクト径φ98mm
洗浄時間 約25~30分/本(※18mタイプ)

※洗浄液:グリコール系を使用
クリーニングペーパー:旭化成製(TS-100)を使用
洗浄時間は条件により変わります。

洗浄による各性能の変化についての検証結果

洗浄による性能の変化
<評価>
半田印刷後の外観検査結果、計測値(ランド上の面積率・体積率)については、10回再生後も変化は見られない。
洗浄後の拭き取り性能
<評価>
クリーニングペーパーの繰り返し洗浄による、メタルマスク拭き取り性能差は各部品(チップ、ICコネクタ)とも発生無し。
引っ張り強度
<評価>
新品と5回洗浄品、10回洗浄品との差は、ペーパーの縦横方向ともに大きな変化はなし。
通気抵抗の劣化
<評価>
繰り返し洗浄により、通気抵抗は上昇するため、洗浄回数は10回を最大使用回数とする。
非帯電性
<評価>
帯電性試験(JIS L1094)を行った結果、新品と10回洗浄のペーパーでの差は見られません。